平野整骨院

0955-23-4910受付:8:00-12:30/14:00-19:30

治療項目

日常生活、スポーツ活動、労働、交通事故などによって不慮に発生した「骨折」、「脱臼」、「捻挫」、「打撲」、「急性挫傷」(筋肉やスジのケガ)並びに様々な状況下でじっくりと時間をかけて発生してくる関節・筋肉・スジなどの痛みやこわばり・しびれなどの治療も行います。

ケガ全般

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(ざしょう)などのケガに対し、適切な処置と治療によって何処にも誰にも決して劣ることのない、早期回復に絶対の自信を持って対処させていただいております。 挫傷は急性挫傷と亜慢性挫傷に分かれます。

急性挫傷

強大な瞬時の間接的力(介達力)の収縮が筋肉やスジに、限局的に発生する事によって部分的、または完全に筋肉やスジが断裂(肉離れ)した状態を言います。

亜慢(急)性挫傷

日常診療の中でも最も多い疾患で、間接的力(介達力)が持続的、反復的に筋肉(スジ)が収縮を繰り返えす事で、じっくりと時間をかけて、こり、しこり、こわばり、重苦しさ、しびれ、感覚が鈍い、筋肉痛様痛み、不快感 、違和感などを主訴とします。初期は軽度な損傷のため、単なる「こり」、「筋肉痛」、などとして、軽視するも症状悪化に伴い来院される疾患です。

これら症状は、自己判断の中で自宅での湿布や高額サプリメントなどを服用しながら我慢される方が多いのが現実です。しかしながら容易に改善されず、または益々増悪し深刻化する状況で来院されてくる疾患です。

スポーツ外傷・傷害

スポーツ外傷

スポーツ中に発生する、骨折・脱臼・捻挫・打撲・急性挫傷(筋・腱などの軟部組織損傷)のケガ

>>>スポーツ外傷について詳しく見る

スポーツ障害

間接的力(介達力)が持続的、反復的刺激を繰り返えす事で特定の骨・関節や筋肉・腱(けん)に発生する、亜慢(急)性挫傷などの障害が多く、オーバーユース(トレーニング)が主な原因となっています。

●脛(けい)骨の骨膜炎や疲労骨折など
●ヒジに発生する野球ヒジやテニスヒジなど
●肩(四十肩・五十肩)・ヒジ・股関節・ヒザ・カカト後部などに発生する滑液包炎
●筋肉や靭帯(じんたい)・腱(けん)・腱鞘(けんしょう)に発生する肩の二頭筋腱炎(五十肩)・手首のドゥケルバン腱炎・ジャンパーヒザ・シンスプリント・アキレス腱炎
●更には、疲労性関節炎や関節包炎、骨軟骨炎
上記に紹介されてるものは一部ですので、他にも多くのスポーツ障害があります
痛みを伴わない場合もありますので、身体に不快感・違和感などが長続きする場合は一度整骨院などに受診することをオススメします。 平野整骨院に、電話などでお気軽にご相談してください

交通事故での治療

交通事故での治療

交通事故によって発生した、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(ムチ打ち症、筋、腱などの軟部組織損傷)やこれらに伴う障害治療とリハビリに対しまして、医療機関と同様、自賠責保険及び任意の自動車保険を適用しながら、ケガや障害の早期回復をはかっていきます。

>>>交通事故について詳しくみる

日常生活での違和感

ぎっくり腰・寝違え・むちうち症・偏頭痛・顔のユガミ・歯のかみ合わせ・アゴの痛み・目の疲れ・鼻炎(花粉症)・耳鳴り・難聴・肩こり・四十肩・五十肩・腕のシビレ(頚肩腕症候群)・背中のスジ違い・ヒジ周りの痛み・腱鞘炎・弾撥指・腰の痛み・生理痛・お尻の筋肉の痛みや苦しさ・ 股関節の痛み・ヒザの痛み全般・足のシビレ(坐骨神経痛)・足の苦しさ・足のむくみ・下肢長の違い・O脚・X脚・ソクワン症・痩身・その他日常生活における軟部組織(筋・腱など)のトラブルや内科的疾患・お身体の違和感及び不具合に、 保険適用疾患か適用外疾患かを適切な判断と適切なる治療法によって必ずご満足していただけますことを確信しています。

診療受付時間

午前
午後

午前 8:00-12:30 午後 14:00-19:30

日曜日は休診/祝祭日は午前中のみ診療受付

お問い合わせフォーム